アトピーの原因とは何なの?

アトピーは掻きむしりたくなるほどのかゆみが起きたり、湿疹やかぶれなどの症状が現れたりしますが、アトピーの原因となるアレルギーで多いのは、実はダニやカビ、埃だったりします。

 

 

「えっ!?アレルギーと言ったら食べ物じゃないの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、ダニやカビ、埃によるアレルギーが多かったりするんです。

 

 

ダニは家の中の様々な所に存在していますし、中でも埃には多く存在しているため、アレルギー反応としてのかゆみの原因は特にダニによるものが多かったりします。

 

 

また、カビもかゆみの原因になったり、フケの発生の原因になったりします。

 

 

食べ物はどうなの?

 

食べ物はアトピーの原因に関係していないのかというとそうでもなく、大人の方にもアレルギー反応が出ることもありますが、特に、小さいお子さんの場合は食べ物によるアレルギー反応を示しやすかったりします

 

 

小さいお子さんは、まだ消化器官などの機能が大人と比べて発達しきれていないことにより、アレルギー反応が出やすくなる傾向にあります。

 

 

中でも特に「卵白」はアレルゲンになりやすいとされていますし、「牛乳」や「乳製品」、「大豆類」、「米などの穀物類」などもアレルギー反応が出やすいですので、これらは特に注意が必要となります。

 

 

ただ、『3歳』を過ぎてからは消化器官が発達してくることにより、それまで起きていた食べ物によるアレルギー反応はおさまってくる傾向にあります。

 

 

遺伝は関係あるの?

 

家族などにアトピーになっている方やアレルギー反応を引き起こしやすい方がいる場合、自分もアトピーになるのかというとそうでもありません。

 

 

もし仮に、ご自分がアトピーになりやすい体質を遺伝により引き継いだとしても、アトピーの症状が出ない方もいますし、逆に、アトピーの体質ではないのに、アトピーの症状が出る方もいますので、必ずしも遺伝によりアトピーの症状が出るというわけでもありません。

 

 

これまでアトピーの原因についてお伝えしてきましたが、実際のところは、「はっきりと断定できるものは分かっていない。」というのが現状で、その人の周りの《環境》や《食生活》であったり、《生活リズム》、《ストレス》などの様々な要因が原因となると考えられていますし、それらがさらにアトピーの症状を悪化させる原因であるとも考えられています。