花粉症が発生するメカニズムとは?

アレルケア

花粉が飛ぶ季節になると、鼻がムズムズして、くしゃみを連発してしまう、鼻水が止まらない、目がかゆいなど、さまざまな花粉症の症状に悩まされる人がいます。

 

 

特に日本では近年、花粉症に悩まされる人が増え、国民病の一つとなっていると言えます。

 

 

テレビでも天気予報と共に花粉情報が発表されていることでも、その対象者の多さが推測されます。

 

 

どうして、こんな症状が出るのか不思議に思うかもしれません。

 

 

ここでは、花粉症が発生するメカニズムを誰でもわかるように簡単にご説明したいと思います。

 

 

花粉症はアレルギー症状の一つで、花粉に対してアレルギー反応を起こすことで、さまざまな症状が現れていると言えます。

 

 

人間には体に悪いものを排除する免疫機能というものがあって、例えば、病気を引き起こす細菌などが体に侵入した場合、それを排除しようとする力が備わっています。

 

 

この免疫機能は人間は生きていくうえで重要なものであり、これがあることで体が病原菌などに冒されることなく健康に生きていけるとも言えます。

 

 

しかし、この免疫力が良い方向に作用せずに、悪い方向に作用するケースがあります。

 

 

つまり、免疫力がある物質に対して過剰に反応してしまうのがアレルギーなのです。

 

 

通常、花粉というものは、それ自体、特に体に悪いものではありません。

 

 

そんな花粉に対して、これを悪いものだと認識してしまうことで、花粉症が発生してしまうわけです。

 

 

つまり、体が勘違いして反応してしまうようになった状態と言えます。

 

 

それならば、正しく認識するようにしたら良いということになりますが、それが簡単にはいかないわけです。

 

 

この花粉症ですが、ある年から突然、発症してしまうということがあります。

 

 

これはなぜかと言うと、それまでは、正常に認識していたものが、あるときから、体に悪いものだと認識してしまい、過剰に反応してしまうようになるからです。

 

 

これは、その人自身の意志とは関係なく、体が自然にそういうふうに認識してしまうものなので、自分自身の意志で止めることはできません。

 

その点が厄介と言えます。

 

 

花粉を出す植物はたくさんありますが、この中で、どの花粉に対して反応するかは人それぞれ違います。

 

 

一般的に有名なのがスギとヒノキに対する花粉症ですが、それ以外にもいろんな植物の花粉症が報告されています。

 

 

花粉症にはなりやすい人と、そうでない人がいたりします。

 

 

ですが、前述のように自分は大丈夫だと思っていても、あるとき、突然花粉症になってしまうという可能性があることは知っておきましょう。